ニュース
» 2004年11月25日 23時33分 公開

日本ユニシス、.NET対応のミッションクリティカルシステム構築・運用支援ミドルウェアを発売

日本ユニシスは.NET対応のミッションクリティカルシステム構築・運用支援ミドルウェア「MIDMOST for .NET」を販売開始する。

[ITmedia]

 日本ユニシスは11月25日、ミッションクリティカル業務支援オープンシステム基盤「MIDMOSTシリーズ」製品として、.NET Framework上でのミッションクリティカルな基幹業務システム構築を支援するミドルウェア「MIDMOST for .NET」を開発し、11月26日から販売すると発表した。

 MIDMOST for .NETでは、ミッションクリティカルシステムの構築に不可欠でありながら、現状のマイクロソフト製品では提供されていないトランザクション制御機能、メッセージ制御機能、運行制御支援機能、障害対応支援機能、配布更新支援機能、運用管理支援機能、開発支援機能を提供する。

 これにより、開発者は業務処理の開発に専念することができるようになるという。出荷は2005年2月からで、2005年6月には統合的な運用管理基盤を提供する計画だ。

 同社では、MIDMOST for .NETについて今後3年間で400ライセンスの出荷と、同ミドルウェアを利用した基幹システム構築売上150億円を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ