速報
» 2004年12月02日 09時53分 公開

Nomadix、ホットスポット関連技術で新たな特許取得

[ITmedia]

 無線LANホットスポット用のゲートウェイ製品などで知られる米Nomadixは12月1日、米国特許庁から「Information and Control Console」と同社が呼ぶ技術の特許を認可されたと発表した。

 これは、ホットスポットなどの公共ネットアクセス環境で、利用者のブラウザに対してHTMLベースのポップアップウィンドウを提示し、プルダウンメニューから即座に帯域幅や課金形態の選択ができるようにしたり、プロバイダーの宣伝を表示したりできるシステム・手法に関する特許。米国特許番号は6,789,110で、「ネットワーク・ゲートウェイ・インタフェースとともに利用される情報および制御コンソールに関する特許」と題されている。

 同社は2004年1月にも、ホットスポットで使われるリダイレクト技術の米国特許(特許番号6,636,894 B1)を認可されたと発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ