ニュース
» 2004年12月10日 17時43分 公開

ココログ、画像アップロードや多くの機能をバージョンアップ

ココログは12月9日、長時間のメンテナンスを行い、画像アップロード機能変更や複数ケータイからのモブログ利用、「ココログデザイン」のサービス開始などを行った。

[ITmedia]

 ニフティが提供しているBlogサービス「ココログ」は12月9日、5時〜20時に渡る長時間メンテナンスを行い、画像アップロード機能を変更や複数ライター機能追加、新サービス「ココログデザイン」の開始など、機能アップを図った。

 画像ファイルのアップロードに関しては、これまで記事作成時に「アップロード」と書かれたテキストリンクをクリックし、画像をアップロードしていた。

 今回のアップデートでは、画像アップロード用のボタンをクリックすることで表示するアップロードダイアログによるアップロードに変更された。この画面では、「標準設定を使う」のチェックをオフにすることで、テキストの画像への回り込みや、配置の左右を設定できるようになる。

 また、テキストを回り込ませるにあたっては、画像とテキストの間の間隔は適度に空けているため、読みづらくなることはない。この新機能は、ユーザーの表現力をさらに多彩なものにするとの狙い。

 また、これまでと異なり、文字を書いている途中の記事に対し、直接画像表示用タグを挿入することができるようになった。従来は、新たなアップロード画像を行うと、新規記事作成の画面になってしまい、人によっては書きかけの記事消失といったミスも生じていた。

 今回のメンテナンスでは、このほかにもさまざまなアップデートが行われている。

 まず、ココログ開設1周年記念日に発表されていた新サービス「ココログデザイン」の開始。

 ココログのテンプレートサービスで、イラストや写真をふんだんにあしらった「リッチテンプレート」と、同じテーマのリッチテンプレートを使っているココログを結ぶ「ラブ!リング」から構成されている。一部テンプレートは有料。

 また、複数ライター機能も拡大された。これは、ココログプロで利用可能になるものだが、複数ケータイからモブログができるようになるもの。これまで、ひとつのケータイアドレスのみだったものが、5つまで拡大された。複数人数でモブログを利用できるとの狙い。

 最後に、スパム対策の強化も行われた。詳細は示されていないが、機能強化され、ユーザーがより安心して利用できるようになったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ