速報
» 2004年12月11日 09時15分 公開

JBoss、ミドルウェアのパッケージ発表へ

[IDG Japan]
IDG

 オープンソースベンダーのJBossは12月13日、ミドルウェアソフトのスタックを正式発表する。IBMやBEA、Oracleなどが販売している製品との競争力を高める狙い。

 「JBoss Enterprise Middleware System」 (JEMS)は多数のオープンソースプロジェクトで構成され、同社はこれを一つのソフト製品としてまとめる計画。JEMSは既にJBoss.comのWebサイトに掲載されており、JBossアプリケーションサーバ、開発環境、ポータルソフト、ビジネスプロセス管理エンジンが含まれる。また、Apache Software FoundationのTomcatサーブレットエンジンも組み込んでいる。

 JBossの戦略/開発担当副社長ボブ・ビケット氏によれば、同ソフトはミドルウェアの提供に関して新しいアプローチを取っている。これは、オープンソースでフリーにダウンロードできるという点に加え、それぞれ別個の「緩い組み合わせの」プロジェクトで構成されていることによる。これらコンポーネントは共同でも、個別のアプリケーションとしても実行できる。

 13日には製品のロードマップ、ビジネスモデル、そしてJEMS自体についてもっと詳しい情報を公表すると、ビケット氏は話している。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ