ニュース
» 2004年12月16日 15時00分 公開

ミラクル・リナックス、64ビット対応のMIRACLE LINUX V3.0とサポートビジネスの拡充を発表

ミラクル・リナックスは、EM64T対応XeonとAMD64に対応したLinux OSの新製品「MIRACLE LINUX V3.0 -Asianux Inside for x86-64」を発表した。加えて、ダンプ解析やパッチ提供などにも対応するサポートメニューも発表している。

[ITmedia]

 ミラクル・リナックスは12月16日、EM64T対応XeonとAMD64に対応したLinux OSの新製品「MIRACLE LINUX V3.0 -Asianux Inside for x86-64」を発表した。製品の出荷は2005年2月28日から。

 「Asianux」は、2003年12月に中国のレッドフラッグ社と提携し、2004年6月には「Asianux 1.0」がリリースされていた。10月には、韓国のハーンソフト社の参画も決定している。

 今回発表された64ビット対応版では、ユーザーアプリケーションとカーネルが利用可能な仮想メモリ空間がそれぞれ512GBに拡張されているほか、従来の32ビットバイナリについても、一部を除いて再コンパイルすることなく利用可能。SJIS対応機能と合わせて、既存のソフトウェア資産を活用しながら移行できるとしている。

 価格は6万3000円。

サポートビジネスはインシデントサポートも追加

 加えて同社は、サポートビジネスの拡充も発表している。新たにサポートメニューに追加されたのは、「エンタープライズ・サポート」、「1ショットサポート」、「24時間サポート」の3種類。また、サポートメニューの拡充と合わせて、製品のサポート期間自体も従来の6年間から7年間に延長されている。

 「エンタープライズ・サポート」は、通常の年間サポートメニューに追加されたもので、アップデート・サポート、プロダクト・サポートに次ぐ項目となる。同メニューは、通常のプロダクト・サポートを内包したもので、それ以外にダンプ解析やパッチ提供など高度なエンタープライズ用途での技術的な問い合わせに対応する。価格は1年あたり63万円。

 「1ショットサポート」は、製品のアップデート権以外のプロダクト・サポートをインシデント(1回限り)で対応する「インシデント・サポート」と、その範囲をエンタープライズ・サポートレベルまで拡大した「ダンプ解析サポート」がある。価格は、インシデント・サポートが1回あたり5万2500円、ダンプ解析サポートが52万5000円。

 そのほか、事前に申し込んでおくことで、平日の時間外や休日にサポート対応する「24時間サポート」は、追加オプション扱いとなり、3万6750円で提供される。

 提供時期については、「エンタープライズ・サポート」が2005年1月1日から、「1ショットサポート」と「24時間サポート」は2005年4月1日から提供開始する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ