ニュース
» 2005年04月04日 22時12分 公開

日本HP、セキュリティと信頼性を強化したノートPC、2機種を投入

日本ヒューレット・パッカードは、セキュリティと耐久性を強化した企業向けノートPC、2機種を発表した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは4月4日、セキュリティと耐久性を強化した企業向けノートPCの新製品「HP Compaq nc6230 Notebook PC」と「同nc4200 Notebook PC」を発表した(関連記事)

 新製品2機種は、個人情報保護法の全面施行を背景に、セキュリティを強化して個人情報漏えい対策を図っている点が特徴だ。ファイルやメールの暗号化を行うセキュリティチップを内蔵するほか、スマートカード(ICカード)や指紋認証、USBトークンなどを組み合わせて強固な認証を実現するマルチファクター認証をサポート。逆に、複数のパスワードをいちいち入力する手間を省く「クレデンシャルマネージャ」も搭載する。一連のセキュリティ機能は、専用の管理ツール「HP Protect Toolsセキュリティマネージャ」から設定が可能だ。

 また、ハードディスク障害によるデータの損失を防ぐため、ハードディスクドライブ(HDD)を3点で固定するほか、PC本体との接触部分にクッション素材を用いて振動を和らげるといった「モバイルデータプロテクションシステム」を採用。万一データを消失した場合に備え、HDD内にバックアップイメージを作成、復旧できる「Altiris ローカルリカバリ」もサポートしている。

 A4タイプのHP Compaq nc6230 Notebook PC、B5タイプの同nc4200 Notebook PCともにCPUがPentium M 740(1.73GHz)で、HDD容量は60Gバイト。価格は19万9500円で、4月下旬より出荷が開始される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -