速報
» 2005年04月19日 17時24分 公開

@nifty、スパム対策強化で「Sender ID」「Domain Keys」に対応

[ITmedia]

 ニフティが運営するISP「@nifty」は4月19日、会員向け迷惑メール対策を順次強化すると発表した。送信ドメイン認証技術「Sender ID」「Domain Keys」に対応するほか、迷惑メールを簡単に通報できる機能や、未登録のアドレスからのメールを拒否する機能を順次追加する。

 「Sender ID」「Domain Keys」は、電子メールの送信元を検証してメールアドレスの偽装を防止する技術で、5月11日から対応開始する。@nifty会員のメール送信元を検証可能にすることで、@niftyのアドレスを偽装したスパムやフィッシュングメールの抑制につなげる。

 Webメールで受信した迷惑メールを同社に簡単に通報できる機能や、アドレスブックや許可リストに登録されていないメールを専用フォルダに振り分けたり廃棄できる機能も、4月26日から追加する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -