ニュース
» 2005年05月09日 14時49分 公開

エアー、DBセキュリティ製品「SQL Guard」の日本語版を販売

エアーは、米Guardiumが開発したデータベースセキュリティ製品の日本語版「SQL Guard v3.6J」を販売する。

[ITmedia]

 エアーは5月9日、米Guardiumが開発したデータベースセキュリティ製品の日本語版「SQL Guard v3.6J」を販売すると発表した。

 SQL Guardは、クライアントアプリケーションとデータベース(DB)サーバ間のトランザクションを解析して、ユーザーの行動をリアルタイムに監視できるアプライアンスサーバ。ネットワーク上でDBにアクセスする際のSQL文から、DMLコマンドやDDLコマンド、セッション情報、ソースプログラム情報、DBへのログインアカウント情報などを取得して、エンドユーザーの行動を可視化する。

 日本語版のリリースにより、金融庁の個人情報保護ガイドラインおよび、経済産業省のガイドライン、JIS15001で求められる監査に対応するレポートを作成することが可能になったとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -