ニュース
» 2005年05月11日 22時50分 公開

日本HP、タワー型x86サーバに64ビットXeon搭載の新モデルを追加

日本HPは、64ビットXeonを搭載したタワー型サーバ「HP ProLiantML150」に4モデルを追加する。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は5月11日、タワー型サーバ「HP ProLiantML150」に新たに4モデルを追加し、5月12日に受注を開始すると発表した。

 今回発表した「HP ProLiant ML150 Generation 2」は、CPUに64ビットXeon/3.00GHzまたは3.20GHzを最大2基搭載可能。シリアルATA対応HDDまたはUltra 320 SCSI対応HDDのいずれかを選択でき、小規模なメールサーバやWebサーバ、データベース用途に適しているという。

 価格は13万4400円(同社ダイレクト価格、税込み)から。

 また同社は、既存の「HP ProLiant ML110 Generation 2」6モデルにおいて、最大40%の値下げとなる価格改定を実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -