ニュース
» 2005年05月12日 21時57分 公開

韓国のHaansoftがOSDLに参加

Asianuxの韓国メンバーであるHaansoftがOSDLに参加した。同社はCGLワーキンググループに参加予定。

[ITmedia]

 OpenSource Development Lab(OSDL)は5月12日、韓国のソフトウェア会社HaansoftがOSDLに参加したことを発表した。同社はCGL(キャリアグレードLinux)ワーキンググループに参加予定。

 Haansoftは韓国最大のソフトウェアベンダーで、Hangul office スイートは1,000万本以上の販売実績があり、韓国のオフィスソフトウェア市場の70%以上を占めている。日本では、中国のRed Flag Software、および日本のミラクル・リナックスとともに、Asianuxの開発に参加していることでも知られている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -