ニュース
» 2005年05月12日 23時06分 公開

テンアートニ、Linuxカーネル2.6対応のHAクラスタソフトを販売開始

テンアートニはLinuxカーネル2.6対応のHAクラスタソフト「SteelEye LifeKeeper for Linux v5.0」を発表した。

[ITmedia]

 テンアートニは5月12日、HA(High Availability)クラスタソフトウェア「SteelEye LifeKeeper for Linux v5.0」を販売開始したと発表した。

 SteelEye LifeKeeper for Linux v5.0は、Linuxカーネル2.6に完全対応したのが特徴で、Red Hat EnterpriseLinux v4.0をサポートする。

 また、ソフトウェアRAIDデバイス上でのアプリケーション稼働に対するHA化をサポートした。今後は、IAサーバ以外のプラットフォームにも対応していく予定という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -