ニュース
» 2005年05月17日 21時32分 公開

NEC、64ビットXeon/3.60GHz搭載2ウェイサーバ4機種を発売

NECは「Express5800/100シリーズ」に、64ビットXeon/3.60GHzを搭載した2ウェイサーバ計4機種を製品化した。

[ITmedia]

 NECは5月17日、PCサーバ「Express5800/100シリーズ」において、ラックモデル「Express5800/120Rh -2」および「同/120Rf-1」、タワーモデル「同/120Lh」、ブレードサーバ「同/120Ba-4」の計4機種を製品化し、販売活動を開始したと発表した。

 今回発表されたモデルは、いずれもCPUにEM64T対応のXeon/3.60GHzを採用し、2ウェイ構成に対応する。

 ラックモデルの120Rh-2および120Rf-1は、Webブラウザからリモートでサーバのコントロールを可能するリモートマネジメントカードを標準装備した。

 また、ブレードサーバの120Ba-4は、高さ4Uのシャーシにサーバ本体を最大6台搭載でき、現行の1Uラックサーバと比較して1.5倍の高密度実装を実現している。

 価格は、120Rh-2(2Uサイズ)が45万円から、120Rf-1(1Uサイズ)が44万4000円から、120Lhが40万5000円から、 120Ba-4が53万円から。

 また、既存サーバ製品およびオプションにおいて価格を改定し、本体で最大26%、オプションで最大40%の値下げを実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -