ニュース
» 2005年05月18日 12時20分 公開

ターボリナックス、中古・リユースPC向けの専用OS「Turbolite 2005」発表

ターボリナックスは、中古・リユースPC向けOS開発を発表した。企業・法人向けに販売され、比較的スペックの低いPCでも快適に動作し、セキュリティにも優れる環境を提供できるという。

[ITmedia]

 ターボリナックスは5月18日、中古・リユースPC向けOS「Turbolite 2005」の開発を発表、教育機関/企業・法人向けに販売を開始した。

photo Turbolite 2005

 Turbolite 2005は、Turbolinux 10 Desktopをベースに中古・リユースPCに多い比較的古く、スペックの低いPCでも快適な動作を実現させるよう開発されたOSで、ブラウザ、Eメール、Flashコンテンツやストリーミング再生などのアプリケーションも搭載される。スペックの低いPCでも快適に動作し、ネットワーク機能やセキュリティにも優れているメリットがある。

 最低動作環境はデスクトップPCでCeleron/500MHz(600MHz以上推奨)/64Mバイトメモリ(128Mバイト推奨)/10GバイトHDD(15Gバイト以上推奨)、ノートPCでCeleron/700MHz(750MHz以上推奨)/64Mバイトメモリ(128Mバイト推奨)/10GバイトHDD(15Gバイト以上推奨)。

 主な収録ソフトはWeb閲覧/メール機能を持つ「Mozilla」、PDFデータ閲覧ソフト「Adobe Reader 5.0.8」、メディアファイル再生ソフト「RealPlayer 8 Basic」など。別途収録ソフトは要望に応じてカスタマイズも可能となっている。

 中古・リユースPCを扱う企業にて買い取り/引き取りされ、データ消去などの初期処理が行われたPCを、同社によりTurbolite 2005を提供・セットアップを施して納入するといった販売形態となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -