ニュース
» 2005年05月18日 19時03分 公開

マクニカネットワークス、Webアプリケーションファイアウォールの新シリーズ

マクニカネットワークスは、「Terosセキュア・アプリケーション・ゲートウェイ」の新シリーズの販売を開始した。

[ITmedia]

 マクニカネットワークスは5月18日、「Terosセキュア・アプリケーション・ゲートウェイ」の新シリーズの販売を開始した。

 同製品は、ネットワークベースのファイアウォールやIPSでは防げないWebアプリケーションレベルの攻撃を防御するアプライアンス製品。シグネチャを利用するパターンマッチング技術でなく、Webアプリケーションごとの正常な振る舞いを記憶して、合致するトラフィックのみを許可する。SSLによる暗号化通信に対しても、Deep Stream Inspectionと呼ばれる独自技術で分析することが可能だ。

 また、個人情報を保護するための機能を搭載しており、クレジットカード番号などが不正にWebアプリケーションから漏洩することを防止するという。

 新シリーズではモデルラインアップも刷新し、小規模企業向けの「FireLine」のほか、「Teros100SSL/200SSL」で「Enterprise Security」と「Express Mode」の2モデルずつを用意した。Express Modeは、Enterprise Securityに比べ、Cookieによる整合性チェックやアプリケーションの自動学習機能などに制限が設けられているという。

 価格は、FireLineが315万円。Teros100SSL Enterprise SecurityおよびExpress Modeは、それぞれ703万5000円、472万5000円、Teros 200SSLはそれぞれ、1029万円、703万5000円となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -