ニュース
» 2005年05月23日 19時56分 公開

エリアビイとNECソフト、柔軟な導入を可能にしたSSL VPNソフト

エリアビイジャパンとNECソフトは、環境に応じて柔軟に導入できるようにしたSSL VPNソフト「SWANStor Server PRO EX」を発表した。

[ITmedia]

 エリアビイジャパンとNECソフトは5月23日、SSL VPNを用いたリモートアクセス環境構築ソフト「SWANStor」シリーズの新製品、「SWANStor Server PRO EX」を発表した。

 SWANStorは、自宅や外出先のPCやPDA、携帯電話といったさまざまなデバイスから、SSL VPNを通じて企業のリソースに安全にアクセスするためのソフトウェア。SWANStor Server PRO EXは、中堅/大企業向けの「SWANStor Server PRO」の機能をベースに、導入オプションを柔軟に選択できるようにした製品だ。

 具体的には、これまで必要だった「マルチプロトコルオプション」を購入することなく、標準でHTTP以外のプロトコルに対応したほか、Javaアプレットを通じて場所を問わずにSSL VPNでアクセスできるようになった。また携帯電話からのアクセス機能も強化されているという。

 SWANStor Server PRO EXはWindows 2000/Windows Server 2003およびRed Hat Linux上で動作し、価格は1セット79万8000円から。6月6日より販売が開始される。

 なおエリアビイジャパンとNECソフトは、6月8日から10日にかけて幕張メッセで開催されるInterop Tokyo 2005の展示会でSWANStor Server PRO EXを紹介する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -