速報
» 2005年05月24日 07時30分 公開

MSのID管理技術「InfoCard」もβ版公開

Longhornに組み込む予定の新技術「InfoCard」もβ版が一般に公開された。InfoCardはコンシューマーがWindows経由で自分のIDを管理する手段で、相互運用標準「WS-*」に基づいている。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米Microsoftは5月23日、Windows次期バージョン「Longhorn」の開発プラットフォーム基盤となる3種類の開発者技術で初のβ版をリリースした。

 β1パッケージに含まれるのは、コードネーム「Avalon」と呼ばれるMicrosoftの新しいプレゼンテーションサブシステムと、Webサービスベースの通信サブシステムであるコードネーム「Indigo」、およびエンドユーザー向けの新しいID管理技術「InfoCard」。βソフトはMicrosoftのWebサイトで提供されている。

 MicrosoftはこれまでIndigoとAvalonについては何年も前から開発者に説明を行っていたが、InfoCardはもっとひそかに開発が進められてきた新技術。苦戦している同社のIDシステム「Passport」と同様、InfoCardはユーザーのログインを必要とするデジタルサービス普及に伴う問題解決を狙っている。ただ、Passportがプロプライエタリだったのに対し、InfoCardはMicrosoftが中心となって策定した相互運用標準「WS-*」スタックの開発を基盤としている。WS-*標準は大手ベンダー多数が支持しているが、一部では、Microsoftがかたくなに加盟を拒んでいるLiberty Allianceの仕様と競合している。

 Microsoftでは、コンシューマーがWindows経由で自分のIDを管理できる手段としてInfoCardsを描いている。コンシューマーは各Webサイトで個別に情報を入力し直さなくても、どのオンラインアプリケーションとサービスに自分のID情報へのアクセスを認めるかを選べるようになる。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -