ニュース
» 2005年05月30日 22時18分 公開

日本オラクル、ERP導入を検討中の顧客向けに「モデリング・サービス」を提供開始

日本オラクルは、新しいERPシステムの導入を企画・検討中の顧客を対象にシステムに必要な機能を明確化する「モデリング・サービス」を提供する。

[ITmedia]

 日本オラクルは5月30日、「モデリング・サービス」の提供を6月1日から開始すると発表した。

 モデリング・サービスは、新しいERPシステムの導入を企画・検討中の顧客に対して、現行システムの状態をより明確にし、適確な方向性を提示するサービス。2004年末からパイロット版として10社以上にサービス提供してきた実績をもとに、本格的なサービス展開を行うもの。

 同サービスを利用することで、顧客は新システムに必要な追加機能を明確化できるので、検討の基準となる見積もりに対し正確な評価を行うことが可能になるという。また、従来行われていたプロセス中心の分析とは異なり、データを軸としたモデリングを行うことで、システム要件によるぶれ幅が少ない新システムを構築可能とのこと。

 同社では、2006年5月までに50社へのサービス提供を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -