速報
» 2005年06月08日 14時13分 公開

Symantec、アドウェア企業を提訴

Symantecは「こうしたアドウェアソフトの存在を顧客に警告するため」、アドウェア企業のHotbar.comを提訴した。

[ITmedia]

 米Symantecは6月7日、Hotbar.comを提訴したと発表した。Symantecは、Hotbarの特定のプログラムをアドウェアとして顧客のコンピュータから排除するための裁定を求めている。

 Hotbarは1999年に設立されたソフトウェア企業で、Internet Explorer、Outlook、Outlook Express用のツールバーを提供し、スパムフリーのメールフィルター機能も備えるという。

 Symantecの法務担当上級ディレクターであるジョイ・カータン氏は「法廷においてこの問題を当社にとって明確にするよう求めることにより、こうしたプログラムファイルの存在を顧客に対して警告し続けることを希望している」と述べている。

 本件はカリフォルニア北部連邦裁判所のサンノゼ支部に提出された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -