VA Linux、「VA Quest」の新規受注を8月より再開

VA Linuxは6、5月に新規受注を停止していた「VA Quest」について、8月1日から新規受注を再開する。

» 2005年06月21日 15時01分 公開
[ITmedia]

 VA Linux Systems Japanは6月21日、5月に新規受注を停止していたLinuxカーネル障害解析サービス「VA Quest」について、8月1日から新規受注を再開することを発表した。

 VA Questは、4月に正式にサービス提供を開始したが、当初の想定を越える旺盛な需要により大量の受注となったため、5月19日に契約中の顧客に対するサービスレベルの低下を防ぐことを目的に新規受注を停止していた(関連記事参照)

 VA Questサービスの業務を担当するカーネル解析ユニットの業務フローを見直した上で効率化を図り、また、Linuxカーネルの開発とコンサルティングを主業務としているエンタープライズOS事業ユニット全体の体制拡充によってカーネル解析ユニットへの支援体制が強化される見通しがついたために再開に踏み切ったと見られる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR