ニュース
» 2005年05月19日 15時00分 公開

VA Linux、「VA Quest」の新規受注を一時停止

VAリナックスは、VA Questのサービス提供可能な受注数に達したため、サービスレベルの維持のために新規受注を停止した。

[ITmedia]

 VA Linux Systems Japanは5月19日、2005年4月に発表したLinuxカーネル障害解析サービス「VA Quest」が本年度の受注獲得目標に達したため、現状のサービスレベルの維持を目的としてVA Questの新規受注を一時停止したことを発表した。

 同社では、Linuxカーネルの開発とコンサルティングを主業務としているエンタープライズOS事業ユニットのカーネル技術者10名の支援体制の元で専任解析要員を5名配置したカーネル解析ユニットを本年4月に新設して同サービスの提供に当たっていた。リリース後まもなく伊藤忠テクノサイエンス(CTC)、UFJIS、NTTコムウェア、NTTデータ先端技術など国内の大手有力ソリューションプロバイダーを含む数社から契約を締結するなど、同社が当初想定したより市場でのLinuxカーネル障害解析の需要が拡大していた。

 契約件数としては10社程度。これは同社が今年度中に想定していた契約数よりも少ない。顧客が抱える障害の質が非常に高度で多岐に渡るものであったため1件の契約ごとに割くリソースが非常に大きくなり、現在契約中の顧客に対するサービスレベルの低下を防ぐことを目的に、新規受注を一時停止することとなったようだ。ただし、契約のほとんどがプラチナ契約であることからも、このビジネスが成功しているとはいえるだろう。

 新規受注の再開時期については未定だが、カーネル解析ユニットの体制拡充を図り、さらにパートナー各社ならびにディストリビューションベンダーとの連携強化、協業体制構築なども検討した上で、早期の受注再開を目指す予定としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -