速報
» 2005年07月05日 18時55分 公開

Mozilla Suite、「SeaMonkey」プロジェクトとして開発継続

開発作業はSeaMonkey Councilという新団体が引き継ぎ、数週間以内にSeaMonkey 1.0のα版をリリースする予定だ。

[ITmedia]

 3月に開発打ち切りが発表された「Mozilla Application Suite」が、「SeaMonkey」プロジェクトとして生まれ変わる。Mozilla Foundationが明らかにした。

 開発作業はSeaMonkey Councilという新団体が引き継ぐ。同団体はMozilla Foundationの支援を得てSeaMonkeyの名称を商標登録する予定だ。

 Mozilla Foundationは、SeaMonkeyをMozilla Suiteの正式なアップデート版とは考えていないが、SeaMonkeyの開発に協力するという。SeaMonkeyプロジェクトで生まれた改良点はMozillaのコードベースに寄贈される。

 SeaMonkey 1.0のα版は数週間以内にリリースされる予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -