速報
» 2005年07月22日 08時36分 公開

Microsoft、サーバ事業好調で増収増益

Microsoftの4〜6月期決算は、売上高101億6000万ドル、純利益は37億ドルで増収増益。SQL Serverが好調のほか、Xboxでホーム/エンターテインメント部門は22%の増収となった。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月21日、同社第4四半期(4〜6月期)決算を発表した。サーバ/ツール事業が引き続き好調に推移していることを受け、売上高は前年同期から9%伸びて101億6000万ドルとなった。

 純利益は37億ドル(1株当たり34セント)となり、前年同期の26億9000万ドル(同25セント)から増大。34セントの1株利益には、訴訟関連経費の5セントなどが含まれる。

 サーバ/ツール部門はSQL Serverの採用が進んだことから16%の増収となり、3四半期連続で2けた台の伸びを記録。ホーム/エンターテインメント部門はXbox事業が好調で22%の増収となった。

 6月までの通期では売上高が過去最高の397億9000万ドルで前年に比べて8%増加。純利益は122億5000万ドル、1株利益は1.12ドル(訴訟関連経費13セントを含む)だった。前年は純利益81億7000万ドル、1株利益75セント(うち訴訟関連経費17セント)。

 7〜9月期は売上高97億〜98億ドル、1株利益29〜31セントを予想。2006年6月までの通期見通しでは、売上高が437億〜445億ドル、1株利益は1.27〜1.32ドルを予想している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -