ニュース
» 2005年07月28日 20時32分 公開

ラドウェアの負荷分散装置「WSD」がSIPを正式サポート

ラドウェアのサーバ負荷分散装置「Web Server Director(WSD)」がSIPを正式にサポートする。

[ITmedia]

 ラドウェアは7月28日、サーバ負荷分散装置「Web Server Director(WSD)」の機能を強化し、VoIPで利用されるシグナリングプロトコル、SIPをサポートすることを明らかにした。

 WSDはサーバファームの前面に配置され、トラフィックの負荷分散やパーシステンス管理を実現するハードウェア製品。オプションの「SynAppsモジュール」を追加すれば、不正侵入防御(IPS)やDDoS攻撃対策なども実現できる。

 WSD バージョン8.22以降では正式にSIPがサポートされる。SIPサーバに障害などが発生してサービスが停止した場合、自動的に他のSIPサーバにトラフィックを再送するほか、SIPセッションのパーシステンス管理を実現し、同一通話のシグナリングパケットはすべて同一のSIPサーバに送信されるようにする。これによりVoIPサービスの可用性、信頼性を高めるという。

 またオプションのSynAppsモジュールにより、VoIP導入において大きな障壁となりうるDoS攻撃からシステムを防御できる点もメリットという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -