ニュース
» 2005年08月02日 15時51分 公開

ユヒーロとミラクル、Linux環境の運用管理コスト削減で協業

ユヒーロとミラクル・リナックスは、「MIRACLE LINUX」で構築されたデータベースサーバの運用・監視コストの削減で協業する。

[ITmedia]

 ユヒーロとミラクル・リナックスは8月2日、「MIRACLE LINUX V3.0 - Asianux Inside」で構築されたデータベースサーバの運用・監視コストの削減で協業すると発表した。

 Linuxプラットフォーム上に構築されたデータベースに対する安定したシステム運用を求める顧客増加に対応するもの。ユヒーロは、Oracleやオープンソースのデータベースに対応した統合監視システム「HiTo!」を提供しており、ミラクル・リナックスと相互技術支援を行うことで、MIRACLE LINUXに最適な管理ソリューションの拡充を図る。

 共同セミナーなどマーケティングや販売推進の面でも協力する。また、ミラクル・リナックスのセキュリティ製品「MIRACLE HiZARD」と連携したセキュリティソリューションについても今後拡充する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ