ニュース
» 2005年08月04日 14時19分 公開

デル、国内ISVの支援プログラムを開始へ

デルは8月9日より、国内のISV(独立系ソフトウエアベンダー)との連携強化を目的とした「デル ISV アリーナ」プログラムを開始する。

[ITmedia]

 デルは8月9日より、国内のISV(独立系ソフトウエアベンダー)との連携強化を目的に「デル ISV アリーナ」を開始する。

 デル ISV アリーナは、国内ISVとのコラボレーションプログラム。認定されたISVは、デルと共同でマーケティング/販売プロモーション活動を展開していくことになる。具体的には、各ISVが得意とする分野ごとに、ユーザーの業種/用途に応じたソリューションモデルの開発やデルのWebページを利用した販売プロモーション、ハードウェアの検証環境やベンチマーク環境の提供/支援といった内容が含まれる。

 また、日本オラクルが手解しているISV支援プログラム「On Oracle」とも連携し、日本オラクルの検証環境の提供/支援も行う

 デル ISV アリーナプログラムは3つのレベルに分かれており、8月9日よりWebサイトを通じて申し込みを受け付ける。既にインサイトテクノロジーやウイングアーク テクノロジーズなど9社が参加を表明しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ