ニュース
» 2005年08月29日 20時27分 公開

ウイングアーク、.NET Framework環境での帳票印刷を強化

ウイングアーク テクノロジーズは、Microsoft .NET Framework環境向けの帳票印刷システム「SVF for .NET Framework」に、2種類のオプションソフトを追加した。

[ITmedia]

 ウイングアーク テクノロジーズは8月29日、Microsoft .NET Framework専用のプリンティング基盤を構築するクライアント/サーバシステム、「SVF for .NET Framework」に、ラベル印刷機能を拡張する2種類のオプションソフトを追加した。

 SVF for .NET Frameworkは、.NET Frameworkで開発できる帳票アプリケーションで、日本の標準的なプリンタの制御コマンドに対応したドライバを搭載している点が特徴だ。これを活用することで、クライアント/サーバ構成の印刷システムを.NET環境に移行することができる。

 今回発表されたオプション製品「SVF for .NET Framework/TEC Option クライアント版」と「SVF for .NET Framework/SATO Optionクライアント版」は、「SVF for .NET Framework クライアント版」をインストールしたクライアントPCに追加で導入する。それぞれ、東芝テック製のラベルプリンタとSATO製ラベルプリンタに対応しており、伝票発行や物品に添付するラベル印刷の帳票出力を一元化することができる。

 SVF for .NET Framework/TEC OptionとSVF for .NET Framework/SATO Optionの価格はそれぞれ1クライアントライセンス当たり3万1500円。9月1日より、.NET環境を構築している物流拠点や出荷部門の業務システム向けに出荷を開始する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ