速報
» 2005年09月07日 08時31分 公開

MacromediaとHP、通信事業者向けサービスで提携

MacromediaのFlashプラットフォームとHPのサービス配信プラットフォームを統合し、通信キャリア向けに共同で売り込みと販売を展開する。

[ITmedia]

 米MacromediaとHewlett-Packard(HP)は9月6日、通信事業者による次世代通信サービス提供支援に関する提携を発表した。

 MacromediaのFlashプラットフォームとHPのサービス配信プラットフォーム(SDP)を統合し、共同で売り込みと販売を展開。キャリア、ネットワーク設備提供企業などによる新しい通信/メッセージング/コラボレーションソリューションの構築を支援し、固定、携帯、ブロードバンドネットワークを通じたリッチマルチメディアサービスをセキュアに導入できるようにする。

 共同プロジェクトの一環として、両社でまず、SDPの基本要素を導入済みの大手キャリアをターゲットとして、各国で営業活動を展開する。HPではFlash Platform製品をネットワークに導入している通信会社向けにターンキーシステムインテグレーションサービスを提供。また、Macromedia BreezeやMacromedia FlexといったFlash Platformの再販も手掛ける。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -