ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年06月07日 08時04分 UPDATE

Macromedia、Flash Platformを発表

Macromediaは開発用プラットフォーム「Macromedia Flash Platform」を発表した。バックボーンとなるFlash Playerは、コードネーム「Maelstrom」と呼ばれる次世代版。

[ITmedia]

 米Macromediaは6月6日、各種のブラウザ、OS、デバイスで実行できるコンテンツとアプリケーション開発のためのプラットフォーム「Macromedia Flash Platform」を発表した。

 Flash Platformには、クライアントランタイム、公開規格のファイル形式(SWF)、プログラミングモデル、開発ツール、専用のサーバ技術が含まれる。SAP NetWeaver Visual Composerなどのサードパーティーソリューションでも同プラットフォームが活用されている。

 Flash PlatformのバックボーンとなるFlash Playerは、コードネーム「Maelstrom」と呼ばれる次世代版が開発中で、同日プレビューが行われた。Flashの表現力とパフォーマンス強化、フォント表示の改善が図られ、品質を高めた新しいビデオコーデックを採用している。

 Maelstromは現在β段階にあり、年内に一般向けのダウンロード提供を開始する計画。

 Macromediaは同日、Flash Platformを利用してソリューションを提供する通信事業者支援のための新プロジェクトを発表。また、Flash Platformで実行できるインターネットアプリケーション構築のためのIDE開発に向け、Eclipse Foundationに加盟したことも明らかにした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.