特集
» 2005年09月08日 09時00分 公開

SiteMesh――フレームを外そう

HTMLのフレーム構造は毛嫌いされることが多い。少なくともEコマースサイトでは使わないほうが良い。ここでは、フレームを使わずにフレームと同じ効果を実現できるレイアウトエンジンを紹介する。

[中津川篤司,ITmedia]

 HTMLのフレーム構造は毛嫌いされることが多い。少なくともEコマースサイトでは使わないほうが良い。さまざまな欠点(もちろん利点も)はあるが、最大の欠点はそのページのURLが取得しづらいということだ。そのため、せっかくブックマークしても次に訪れた際に役立たなくなってしまう。

 左側に商品カテゴリー、右側に商品が並ぶ場合も問題だ。検索エンジンからたどると、カテゴリしか表示されない場合がある。だからと言って、既に構築済みのシステムをおいそれとは切り替えづらいだろう。どうしたものだろうか。

 ここで紹介するオープンソース・ソフトウェアはSiteMesh、フレームを使わずにフレームと同じ効果を実現できるレイアウトエンジンだ。さまざまなサーブレット上で動作する。最新版は2.2.1となっている。

SiteMesh

 SiteMeshの動作原理は明確だ。各ページに対するリクエストをフィルターベースで割り込みで取得し、出力結果を解析、フレーム構造を外して出力してくれる。これを使えばフレーム構造をなくすことができるということだ。

 同様のものとしてはStrutsのTailsが知られているが、SiteMeshの場合は用途をStrutsに限定しない。既存のPerl、PHP、HTMLなどほかのシステムについても統合できる。

 公式サイトにはサンプルが用意されているので試してみてはいかがだろう。特に先ほど言ったようなEコマースサイトをお持ちのシステム管理者にお勧めだ。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

content on this article is licensed under a Creative Commons License.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -