ニュース
» 2005年09月09日 11時15分 公開

McDATAが4Gbps FCスイッチ2機種を出荷、OEMパートナーも続いてリリース

McDATAは米国時間の9月6日、4Gbps対応のファイバチャネルスイッチ「Sphereon 4400」と「Sphereon 4700」の出荷開始を発表した。

[ITmedia]

 McDATAは米国時間の9月6日、4Gbps対応のファイバチャネルスイッチ「Sphereon 4400」と「Sphereon 4700」をリリースした。

 両製品は、小〜中規模企業のストレージネットワークをターゲットとした、ボックス型のFCスイッチ。Sphereon 4400は8/12/16ポート、Sphereon 4700は16/24/32ポートの4Gbps対応FCポートを搭載している。上位機種のSphereon 4700は、メインフレーム環境への統合を可能にするFICON CUP機能もサポートしている。

 また、同社が提供する管理ツール「EFCM」(Enterprise Fabric Connectivity Manager)やSAN管理アプリケーション「SANavigator」による監視、管理が可能だ。

 McDATA自身で両製品の出荷を開始したのに続き、OEMパートナーであるIBMは9月9日より、またEMCは9月15日より両製品の提供を開始する。また、日立データシステムも2005年第3四半期をめどに両スイッチの提供を開始する予定という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -