ニュース
» 2005年09月09日 17時51分 公開

NTTデータ経営研究所とハミングヘッズ、共同でシンクライアントシステムを提供

NTTデータ経営研究所とハミングヘッズ、情報漏えいを防止する「シンクライアント化ソリューション」の販売を開始した。

[ITmedia]

 NTTデータ経営研究所とハミングヘッズは9月9日より、PC本体の紛失/盗難やUSBメモリなどの外部媒体経由の情報漏えいを防止する「シンクライアント化ソリューション」の販売および関連コンサルティングを開始した。

 国内でも頻発している情報漏えい/紛失の経路としては、ノートPC自体の紛失/盗難やUSBメモリに代表される外部媒体、印刷物経由の流出などが挙げられる。これに対しシンクライアントシステムは、アプリケーションやデータをノートPC側に置かず、サーバ側で一括して管理、保存することにより、はじめから情報漏えいのリスクを抑える仕組みで、最近注目を集めている。

 両社が提供するソリューションも、こうしたシンクライアントシステムの1つだ。合わせて、ユーザーやアプリケーションごとにデータのコピーや印刷、電子メールへの添付、USBメモリへの保存といった操作を制限することで、より厳密に情報漏えいを防ぐという。

 一連の操作ログはサーバ側で集中管理されるため、インシデント発生の解析や原因究明が容易なこと、独自プロトコルを採用したSePを活用するため、モバイル環境などでもパフォーマンスへの影響が少ないこと、CADも含めさまざまなアプリケーションが利用できることなどが特徴だ。

 ソリューション提供に当たっては、ハミングヘッズが情報漏えい防止ソフト「セキュリティプラットフォーム(SeP)」および導入サポートを提供し、NTTデータ経営研究所ではセキュリティポリシーの策定やコンサルティングを担当する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -