速報
» 2005年09月14日 05時32分 公開

Microsoft PDC 2005 Report:MS PDC開幕、Office 12とWindows VistaのCTP披露

必要なときにだけ必要な命令を提示する新しいインタフェースを備えたOffice 12、WinFXが導入されたWindows VistaのCTPバージョンがMS PDCで登場した。

[ITmedia]

 米MicrosoftのProfessional Developers Conference (PDC)が9月13日、ロサンゼルスで開幕した。基調講演ではオフィススイート新版「Office 12」(コードネーム)のデモを初披露、Windows次期バージョン「Windows Vista」のコミュニティ技術プレビュー(CTP)も発表された。

 Office 12はデザインが刷新され、「結果指向」のユーザーインタフェース(UI)を導入。これは作業をどのようにやるかではなく、ユーザーが何をやりたいかに焦点を当てるものだという。

 例えば従来のメニューとツールバーに代わり、作業目的に応じたグラフィカルなコマンドタブを導入。コマンドタブには特定作業ごとの機能が盛り込まれ、ユーザーが必要な時には表示されて必要ない時には非表示となる。コマンドを整理して提示するというアプローチにより、ユーザーにとってはOffice機能を見つけて使うのが簡単になり、自分が望む結果に到達しやすくなるとしている。

 Office 12は来年下半期に登場の見込みで、今年秋にはβリリースが予定されている。

 Windows VistaのCTPではビジュアル化と組織化に関連した新機能を導入。また、新しいプログラミングモデルの「WinFX」が利用できるようになり、Windows Presentation FoundationとWindows Communication Foundationのメリットを生かしたアプリケーション開発が可能になっている。

 Windows VistaのCTPはPDCの参加者全員とβプログラマー、およびMicrosoft Developer Network (MSDN)とMicrosoft TechNetの登録者に配布される。今後はWindows Vistaの開発プロセスを通じて毎月CTPビルドをリリース予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -