ニュース
» 2005年09月14日 19時36分 公開

自社の顧客にオンラインでウイルス検査を、トレンドマイクロがサーバ製品

トレンドマイクロは、オンラインバンクやショッピングサイトなどのサービスを提供している事業者が、自社サイト上でウイルスチェックを提供できるようにする製品を発表した。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは9月14日、オンラインバンクやショッピングサイトなどのサービスを提供している事業者やASP事業者が、自社のWebサイト上でウイルスチェックサービスを提供できるようにする「ウイルスバスター オンラインスキャン サーバエディション」を発表した。

 最近ではWebサイト経由で侵入するウイルスやスパイウェアの被害が目立ってきている。ウイルスバスター オンラインスキャン サーバエディションは、Webサイトを開設してサービスを提供している事業者が、自社の顧客をそうした脅威から保護するための製品だ。ウイルスなどのチェックだけでなく、Windows OSの脆弱性チェックも行えるという。

 これを事業者のサーバ側に導入することで、オンライン上でウイルス/ワームやスパイウェアの検出と復旧といったサービスを提供できるようになる。顧客がソフトウェアをインストールする必要はない。

 ウイルスバスターオンラインスキャン サーバエディションの価格は個別見積もり。顧客向けの提供価格も、事業者側が決定することになる。サーバ側の対応プラットフォームはWindows 2000で、10月31日より提供が開始される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -