ニュース
» 2005年09月26日 00時15分 公開

人材アウトソーシングビジネス向けシステムでトアーシステムとミラクルが協業

[ITmedia]

 トアーシステムとミラクル・リナックスは、トアーシステムが新たに発売する人材派遣業向けバックオフィス業務支援パッケージ「STAFF MANAGER」に関連して、基幹系業務アプリケーション分野で協業すると発表した。

 人材アウトソーシングビジネスでは、市場の急拡大と顧客ニーズの多様化に伴い、バックオフィスの業務を効率化し、コスト削減を図ることが要求されているという。それを背景に、トアーシステムはSTAFF MANAGERをリリースしたという。さらに、MIRACLE LINUXに対応させることで初期導入コストや運用コストを削減、Linuxによる基幹系業務アプリケーションの構築を支援する。

 トアーシステムは今後、財務会計や販売管理を主とする「SISnet Web Solutions」シリーズも、9月末を目処にLinuxに対応させる考えだという。ミラクルが近日出荷予定の「MIRACLE LINUX V4.0」にも早期対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -