速報
» 2005年09月28日 19時41分 公開

高エネ研、57.3TFLOPSのBlueGeneを導入

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は9月28日、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の研究用スーパーコンピュータとして、57.3TFLOPSの「BlueGene」が採用されたと発表した。来年3月に稼働開始の予定。

 KEKが採用するのは、TOP500で現在最速の「BlueGene/L」をベースとした10ラック構成のマシン。日立製作所が、POWER5ベースの「SR11000」とともに主契約社として受注した。日本IBMは、大和事業所に新設したディープコンピューティング開発研究所が最適化チューニングなどの技術支援を行う。

 KEKはスーパーコンピュータを活用し、クォークとグルーオンのダイナミクスのシミュレーションに取り組んでおり、計算能力の向上で研究を発展させる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -