連載
» 2005年09月30日 11時30分 公開

MegaTrack――被害前の情報共有

尋常でない被害をもたらしたハリケーンのカトリーナやリタ。災害発生前の情報共有はインターネットがもっと活用されるべきではないだろうか。

[中津川篤司,ITmedia]

 尋常でない被害をもたらしたハリケーンのカトリーナ。その復興すらままならない中、次のハリケーン、リタが襲来するなど大変な状況だ。日本にも台風があるので、他人事ではない。

 ひとたび災害が発生すると被災地で情報を得るにはラジオや人づてによるところが大きいが、災害発生前の情報共有はインターネットがもっと活用されるべきではないだろうか。また、そのためのインタフェースが用意されるのが望ましい。

 ここで紹介するオープンソース・ソフトウェアはMegaTrack、グラフィカルなハリケーン情報ソフトウェアだ。GPLで提供されている。対応OSはWindows/Linux/BSD/Mac OSXなど。Javaにより開発されているので、数多くのプラットフォームで動作する。

MegaTrack MegaTrack

 この種のソフトウェアは日本でもニーズがありそうな気がする。位置情報をRSS配信して、マップ上に描き出すような仕組みが出てくれば、さまざまな場面で役立ちそうだ。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

content on this article is licensed under a Creative Commons License.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -