速報
» 2005年10月04日 08時30分 公開

IBM、オープンソースグリッドのUnivaと提携

IBMは新興企業Univaと提携し、同社のグリッドソフトGlobusの商用版をeServer向けに提供する。

[ITmedia]

 米IBMは10月3日、新興企業Univaとの提携を発表した。オープンソースソフトGlobusの商用版をIBMがUnivaからライセンスする。

 Univaは2004年に設立された新興企業。Globusソフトを基盤としたグリッドインフラ向けの商用ソフトと技術サポート、プロフェッショナルサービスを提供している。

 両社の提携に基づき、Univaが有料サポートを提供しているGlobus Toolkitのエンタープライズ版を、IBMのeServerプラットフォーム向けに提供する。これにはeServer、iSeries、pSeries、xSeries、zSeries、BladeCenterが含まれ、OSはAIXとLinuxに対応する。

 さらに、IBMからUnivaに製品開発リソースと技術試算を提供、IBMプラットフォームに対応した商用版Univaソフトの開発、配信、サポートを支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -