ニュース
» 2005年10月04日 17時50分 公開

新GUIビルダー「Matisse」を搭載した「NetBeans 5.0」β版リリース

オープンソースのJavaアプリケーション開発プラットフォーム「NetBeans 5.0」β版がリリースされた。新たなGUIビルダー「Matisse」のサポートやCVS対応など、さまざまな新機能が加わっている。

[Darryl K. Taft,eWEEK]
eWEEK

 Sun Microsystemsは、オープンソースのJavaアプリケーション開発プラットフォーム「NetBeans」新バージョンのβ版をリリースした。

 「NetBeans 5.0」は、IDE(統合開発環境)用モジュール開発機能のサポート、「Matisse」と呼ばれる新しいGUIビルダー、BEA SystemsのWebLogicおよびオープンソースのJBossアプリケーションサーバのサポートを含む数々の新機能を提供する。

 NetBeansの新バージョンでは、オープンソースのバージョン管理システム「CVS」(Concurrent Versions System)やWebフレームワーク、Webサービスなどの機能のサポートも強化される。

 さらにNetBeans 5.0では、新しいアドオンパックも幾つか用意される。その1つ「NetBeans Collaboration」システムは、開発者同士がリアルタイムでコミュニケーションを行い、コードを共有したり、コードについて論議することを可能にする。

 「Mobility Pack」と呼ばれるアドオンは、Java Micro Edition(Java ME)用のアプリケーションの作成、テスト、デバッグに使用する。また、「NetBeans Profiler」では、開発者がアプリケーションのメモリとCPUの利用率を最適化することができる。

 NetBeans 5.0で新たにサポートされたIDE用プラグインモジュールとリッチクライアントアプリケーションの開発機能では、新しい「New Project」および「New File」ウィザードを使ってファイルおよびコードを生成する。

 Sunによると、GUIビルダーのMatisseは、NetBeans 4.1のForm Editorを拡張したものだという。

 WebLogic 9およびJBoss 4を新たにサポートするのに加え、NetBeans 5.0ではTomcat Web Serverのサポートも強化される。もちろん、Sun Java Application Server 8.1もサポートする。

 また、JSF(JavaServer Faces)およびWebフレームワークのStrutsのサポートも強化された。

 NetBeans 5.0では、開発者はJSFとStrutsのどちらを使うか指定することができ、同IDEはJSFまたはStrutsの全ライブラリをアプリケーションおよび関連コンフィギュレーションファイルに追加する。

 Java SE(Java Standard Edition)でWebサービスクライアントを作成することもできる。WSDL(Web Services Description Language)ファイルをNetBeans上で直接作成し、Webサービスファイルを生成するためにそれを使用するための新ウィザードも備えられている。

 さらにNetBeans 5.0では、コード補完機能も強化されたほか、リファクタリング機能のサポート、CVSやデバッグ機能のサポート強化などの改良も盛り込まれている。

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -