ニュース
» 2005年10月11日 01時50分 公開

IT管理者のための速習講座:オペレーティングシステム(OS) (1/2)

あなたの組織やあなたの仕事に最適なOSを選ぶ場合、その判断をするのに最もふさわしい人物はあなた自身である。本稿では、それぞれの仕事に適したOSを選ぶためのヒントを紹介する。

[Jem-Matzan,IT Manager's Journal]

 あなたの組織やあなたの仕事に最適なオペレーティングシステム(OS)を選ぶ場合、その判断をするのに最もふさわしい人物はあなた自身である。本稿では、それぞれの仕事に適したOSを選ぶためのヒントを紹介する。

 まず、使用するコンピュータの種類を確認する必要がある。デスクトップコンピュータならば、LinspireFedora CoreWindows XPMac OS XなどのデスクトップOSが必要である。ここに挙げたのは代表的なものだけで、この他にもさまざまなデスクトップOSが存在する。良いデスクトップOSの積極的な特長は、常に「○○しやすい」という言葉で表現される。たとえば、インストールしやすい、セットアップしやすい、保守しやすい、ソフトウェアを追加しやすい、使いやすいなどである。一方、消極的な特長は、「○○しにくい」という言葉で表現される。たとえば、壊れにくい、個人情報が盗まれにくい、リモートから侵入されにくい、などである。デスクトップOSの目標は、当然ながらデスクトップコンピューティングである。つまり、電子メールやWorld Wide Webへのアクセス、音楽や映画の視聴、周辺機器からのデジタルメディアの転送やカタログ化、文書や写真の印刷、ゲームなどを行うことを主眼としている。ビジネスデスクトップの場合は、通常は個々の従業員の仕事の種類に応じて要件の数が限られることになる。

 ラップトップコンピュータやノートブックコンピュータは、デスクトップシステムよりも性能が劣る傾向にあるが、それ以外の点では同様の機能を実行する。ノートブックコンピュータのOSでは、デスクトップシステムで求められる要件に加えて、省電力機能、サスペンド機能、そして各種のリムーバブルデバイスに接続できる柔軟性が必要とされる。ノートブックでの利用に特化したGNU/Linuxディストリビューションとしては、SUSE Linux Professional、Linspire、Mandriva Linuxなどがある。

 OSの中には、ワークステーション(ハイエンドのデスクトップマシン)での使用を前提として設計されたものもある。ワークステーションは、通常はグラフィック、映画、書籍、文書、プログラムの制作や、大量のデータ分析に使用される。ワークステーションOSは、簡単にロックダウンでき、既定で有効になるサービスがほとんど(あるいはまったく)ないものでなければならない。さらに、何十台ものマシンを保守する場合には、リモートインストールやリモート管理ができなければならない。ワークステーションOSの例としては、Red Hat Enterprise Linux WorkstationSolarisIRIX、SUSE Linux Professionalがある。

 サーバOSは、最低限の基準として、重要なリソース(サーバ上のデータや、サーバが提供するサービスなど)への安全で制限されたアクセスを実現しなければならない。サーバに接続するマシンは、通常はデータを取り出したり、特定のサービスを利用したりすることを目的としている。したがって、サーバOSに実際に求められる機能は、サービスを提供し、データへの制限付きアクセスを実現することだけである。問題は、これを安全かつ信頼性の高い方法で実現するにはどうするかという点であり、これを実現する最も良い方法は、サーバが実働環境にある間は余計なプログラムやサービスの実行を認めないことである。

 サーバ用のOSは数多く存在するが、その多くは、特定のコンピュータハードウェアに特化している。このようなOSは、一般に技術レベルが高く、効果的に使用するためにはかなりの技術知識が必要である。FreeBSDOpenBSDはこうしたOSの代表例であり、SCO GroupのOpenServerUnixWare製品も同様である。グラフィカル管理のサーバOSとしては、Red Hat Enterprise Linux Advanced ServerWindows Server SystemMandriva Corporate ServerMac OS X Serverなどがある。

 ハードウェアが対応してさえいれば、すべてのプラットフォームに同じOSを使用することも可能である。Solarisはしばしばワークステーションとサーバの両方に配置されているし(Sun MicrosystemsではラップトップOSやデスクトップOSとして使用する人もいる)、GNU/Linuxディストリビューションの中には、事実上どんな用途にも利用できるよう設計されたものも数多くある。また、Red Hatのように、各種の用途に合わせてチューニングされたOSラインアップを持つものもある。

次ページ:ハードウェアを知る

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -