コラム
» 2005年10月26日 15時52分 公開

MSにはもっと説得力あるサーバソフトが必要だ

Microsoftがアプリケーションを売るためには、顧客が「絶対に買わなければならない」と納得するようなサーバソフトを作らなければならないだろう。

[David Coursey,eWEEK]
eWEEK

 アプリケーションがもう売れなくなったときに、何を売ればいいのか? それならサーバソフトを売って、もしそのサーバソフトが十分に興味深ければ、顧客はアプリケーションの新版を買ってくれるだろうと期待することだ。すべてうまくいけば、売り物にする新しいサーバソフトを手に、再び――少なくとも、一時的には――アプリケーションビジネスに復帰できる。

 Microsoftはいつの間にかそうした状況に置かれている。わたしが知るユーザーたちは、選択の余地があればOffice 12、13、14……を寝飛ばすだろう。彼らは新機能を必要としていないか、あるいはMicrosoftは欲しい機能を加えてくれないとをあきらめている。こうした状況では、2006年に新しいOfficeがリリースされるというニュースは睡眠薬のようなものだ。

 だからといって、わたしたちが永久にデスクトップアプリケーションと袂を分かつわけではない。しかし、Microsoftは顧客にアプリケーションをアップグレードさせたいなら、何か大きな、説得力のあることをしなくてはならないだろう。そこでわたしたちはこれまで、Office 12とWindows Vistaとともに、多数の新しいサーバが登場する(一度にではないが)と告げられてきたのだ。

 しかし、顧客が「絶対に買わなければならない」と納得しなければ、Microsoftのサーバソフト販売はうまくいかず、混乱を来すだろう。同社のサーバソフトにはExchangeやSQL Serverがある。後は、ほとんどの人にとって、Microsoftが販売しているほかのサーバソフトの名前を挙げるのは難しい。

 これはMicrosoftがサーバソフトを、その恩恵を受けるユーザーではなく、IT部門に販売しているからだ。それに同社は、通常はかなりのカスタム作業が必要か、少なくとも正しく動かすためにある程度の管理が必要なサーバソフトを販売している。

 わたしは、Office 12サーバが「ビジネスインテリジェンス(BI)」にフォーカスするというMicrosoftの発表に懐疑的だ。上司が好きそうなものだが、熱心すぎる幹部が新発見の「インテリジェンス」を仕事に持ち込んだら、働きバチは嫌になるだろう。

 IT部門にのみ目を向けて売り込むよりも、Microsoftはユーザーに売れるサーバソフト、少なくとも説得力あるメリットがあり、ユーザーがIT部門に導入やサポートを求めるようなサーバソフトを開発する必要がある。ワークグループ内の余ったPCで動作し、ユーザーがネットワークに「密かに」入れるエントリーレベルのサーバソフトを売ればなお良い。

 確かに、そんなことをすればIT部門が絶対に怒り狂うのは分かっているが、小規模なグループ向けに自分で管理できるサービスを提供する良い方法だと思う。

 Microsoftは、これらサーバソフト向けのエンタープライズ管理コンソールを販売し、さらにはIT部門が1台のマシンで複数のワークグループサーバを仮想化できるようにするかもしれない。だがそれは、初期デプロイメント戦略というよりもむしろ移行パスだろう。

 理想的な「人々のためのサーバソフト」は、今便利なだけでなく、古いPCのパワーを使って、顧客が既に持っているハードをより有効に活用できるものだ。MicrosoftのOEMハードメーカーはこれらサービスの実装用に、スタンドアロン型のネットワーク機器などすぐに使える実行可能なハードを販売している。

 現時点ではソフトとしてのサービスもチャンスとして浮上しているが、ホスティング型ワークグループサービスにはシートごとに料金がかかり、多くの見込み顧客にとっては非常に高いかもしれない。

 Microsoftがこの販路に向けてどんなサーバソフトを開発するのかという案を出すつもりはない。わたしのリストの一番上にはワークグループプロダクティビティが載っているとだけ言っておく。部門レベルで利用され、必要に応じて相互に接続される小さなサーバの集合は、顧客に(Microsoft傘下の)GrooveのP2P技術の購入を説得する素晴らしい方法かもしれない。

 ここで重要なのは、Microsoftがアプリケーションを売るのと同じやり方でサーバソフトを売る方法を身につけることだ。現実的な問題を解決する何かをユーザーに与えれば、Office 12は放っておいてもどうにかなる。

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -