連載
» 2005年10月31日 00時48分 公開

Capivara――手間の軽減

Webサイト構築などでは、FTPを利用した移行作業がしばしば発生する。意外と手間のかかるこの作業を効率化するためのソフトウェアを紹介する。

[中津川篤司,ITmedia]

 Webサイト構築を手伝ったり、自分で手掛けたりしていると、開発サイトから本番サイトへの移行をはじめとするさまざまな移行作業が頻繁に発生する。

 サイトすべてをダウンロードしてみると、ファイルが多くいつまでたっても終わらない。これをまた、新しいサーバに移動して……などと考えるとそれだけで嫌になってしまう。手軽にシンクロしてくれるツールはないものだろうか。

 ここで紹介するオープンソース・ソフトウェアはCapivara、Java製のファイル同期ツールだ。

capivara capivara

 ローカルからリモートはもちろん、リモートとリモートを同期することもできる。ディレクトリを選択して、コピーまたは同期を選べば後は待つだけだ。

 対応しているプロトコルにSFTPがある。最近はFTPのポートを空けていない場合もあるので、そうした場合にも利用できる。リモートバックアップや、多人数での開発環境化の作業など、さまざまな場面での利用が考えられる。

 PCはもともと、人では時間や手間のかかる作業を効率化するためにこそある。Capivaraはきっと手間を軽減してくれるはずだ。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

content on this article is licensed under a Creative Commons License.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -