ニュース
» 2005年10月31日 16時15分 公開

ソニックウォール、中小企業向けSSL-VPNアプライアンスを販売

ソニックウォールは、中小企業向けSSL-VPNアプライアンス「SSL-VPN 2000」日本語版を12月下旬に販売する。

[ITmedia]

 ソニックウォールは10月31日、中小企業向けSSL-VPNアプライアンス「SSL-VPN 2000」日本語版を12月下旬に販売すると発表した。

 SSL-VPN 2000は、無制限のユーザーライセンス数で、約50〜100名程度の同時接続を可能にする。ユーザー認証やエンドポイント・キャッシュクリーナなどリモートアクセスに必要となる機能を標準装備した。

SSL-VPN 2000 SSL-VPN 2000

 対応するのは、HTTP/HTTPS/FTP/Telnet/SSHなど。同社の「NetExtender」を利用すれば、メールソフトなどのアプリケーションも使用できるようになる。またインタフェースやマニュアルも日本語化して提供する。

 同社の調査によると、中小企業の80%以上はVPNを導入しているが、SSL-VPNを導入しているのはそのうちの18%にすぎないという。しかしSSL-VPNは、IPSec VPNのように専用のソフトウェアをインストールすることなく、Webブラウザさえあればセキュアなリモートアクセスが行える。そのため、ユーザーのトレーニングやサポートの工数を軽減でき、IT管理者のいない中小企業でも比較的導入が用意だ。

 販売代理店を通じて販売され、価格は54万8000円(税別)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -