ニュース
» 2005年10月31日 21時44分 公開

自社に合わせたSOA導入を、日本ユニシスが「SOA適用サービス」提供

日本ユニシスは11月より、企業や官公庁におけるSOAの導入を支援する「SOA適用サービス」の本格提供を開始する。

[ITmedia]

 日本ユニシスは10月31日、企業や官公庁におけるSOAの導入を支援する「SOA適用サービス」の本格提供を開始することを発表した。

 SOA適用サービスは、日本BEAシステムズの「BEA WebLogic」やマイクロソフトの.NETなどのテクノロジをベースに、SOA導入のためのコンサルティングと実システム構築、サポートサービスなどを組み合わせて提供していくもの。業務分析とサービス候補の抽出、サービス設計、それに沿ったシステム設計については、日本ユニシスの方法論が適用される。

 特徴は、まずユーザーが目指すIT成熟度レベルやSOA適用レベルに応じたSOA導入シナリオを設定し、それに沿ってユーザーに適した形でSOAを浸透させていく点。SOAの実行基盤となる製品を決定する際には、特定の製品にこだわることなく、ユーザーの事情に合わせた最適な製品を選択するとしている。

 日本ユニシスでは11月より提供を開始し、関連するハードウェア/ソフトウェアライセンスも含め、システムインテグレーション全体で、今後3年間で120億円の受注を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -