ニュース
» 2005年11月07日 20時28分 公開

サイボウズ、顧客対応を支援する「メールワイズ」新バージョンを発売

サイボウズは、Webベースのグループメールシステムの新バージョン「サイボウズ メールワイズ 3」の販売を開始した。

[ITmedia]

 サイボウズは11月7日より、Webベースのグループメールシステムの新バージョン「サイボウズ メールワイズ 3」の販売を開始した。

 サイボウズ メールワイズは、顧客から企業に寄せられたメールを一元的に管理し、効率的に対応するためのWebベースのシステム。どのような問い合わせが寄せられ、対応状況はどうなっているかという処理状況や顧客の対応履歴などを把握できるようにすることで、対応漏れや重複対応などを防ぎ、顧客満足度の向上につなげる。

 新バージョンでは、1つのシステムで複数のメールシステムを管理できるようになった。複数の部署や業務にまたがる問い合わせについても、一元的に管理できる。また、メールアプリケーションを最大5個まで追加できるようになったほか、共有メールアカウントも従来の10アカウントから最大50アカウントまで拡張された。

 さらに、メールアプリケーションごとにメールの閲覧やアクセスを制限し、情報漏えいを防ぐ「アクセス権限」機能、メール送受信数が上限の目安である10万件を越えた場合に、過去のデータを同一サーバ内に退避させる「過去データ退避」機能なども搭載されている。

 サイボウズ メールワイズ 3の価格は、3ユーザー版で9万8000円から。同社Webサイトからは60日間利用可能な試用版のダウンロードが可能だ。サイボウズでは今後1年間で600社への導入を目指すという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ