ニュース
» 2005年11月18日 12時01分 公開

OSJとRSAセキュリティが提携、LAMP環境とSecurIDの連携システムを提供

オープンソース・ジャパンとRSAセキュリティは、LAMPとワンタイムパスワード「RSA SecurID」を組み合わせたセキュアなWebシステムの提供に向け、提携を結んだ。

[ITmedia]

 オープンソース・ジャパン(OSJ)とRSAセキュリティは11月18日、オープンソースソフトウェアとRSAセキュリティのワンタイムパスワード「RSA SecurID」を組み合わせたセキュアなWebシステムの提供に向け、提携を結んだ。

 OSJでは、オープンソースのLAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP/Perl)を基盤としたシステムインテグレーション事業を展開しているが、ここにRSAセキュリティのSecurIDを組み入れ、提供していく。Webアクセス時の認証にワンタイムパスワードを活用することで、オープンソースをベースとしたWeb環境のセキュリティ強化を図る。

 OSJでは金融サービスや特定会員向けサービスを展開している企業を中心に、LAMPとSecurIDの組み合わせを提案していく。また要望に応じて、イーセキュリティ・ジャパンが提供している情報漏えい対策システム「CWAT」などとの連携も行っていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ