ニュース
» 2005年12月01日 10時50分 公開

エッチ・アイ・ティー、IPF搭載のブレードサーバを発表

エッチ・アイ・ティーは、Itanium 2を搭載したブレードサーバ「BladePeaks」を発表した。最大4台まで並列させたSMP構成が可能。

[ITmedia]

 エッチ・アイ・ティーは12月1日、Itanium 2を搭載したブレードサーバ「BladePeaks」を発表した。

BladePeaks BladePeaks

 「BladePeaks」では、CPUはFSB667対応のItanium 2 1.5GHzまたは1.66GHzを最大2個、メモリは最大32Gバイト搭載可能で、最大4台まで並列させ、ブレード間でのSMP構成が可能。OSはRed Hat Enterprise Linuxを搭載する。

 また、研究者が実際に使用するアプリケーションがプリインストールされて出荷されるほか、ジョブ管理システム/開発環境を含めたシステムのパッケージング、科学技術計算向けのシステムチューニング、HPC向けのサポートサービスなど、HPC市場向けに最適化されている。

 価格は最小構成で280万円から。同社では、年間30台の販売を目標としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -