ニュース
» 2005年12月01日 15時20分 公開

業界別ガイドラインに対応、大塚商会の個人情報保護教育サービス

大商会は、業界別ガイドラインに対応した個人情報保護対策教育サービスを開始する。

[ITmedia]

 大商会は、業界別ガイドラインに対応した個人情報保護対策教育サービスを12月2日に開始する。プライバシーマークの取得やその維持監査教育などとして活用できるという。

 経済産業省のガイドラインだけでなく、業界別ガイドラインにも準拠した内容とすることで、一般的な研修ではカバーしきれない業界独自の慣習などにも対応したのが特徴。まずは住宅産業、医療・介護、学校などの業界別ガイドラインに準拠した研修コースから提供を開始し、今後、出版、アパレル、人材派遣、金融などに特化したコースも開発していく。

 研修スタイルは、集合研修とインターネットを利用したeラーニングを組み合わせた複合型。集合研修の内容をeラーニングで個別に復習させることで、個人のペースに合わせた知識習得が可能になるという。

 価格は10名の場合で12万円から。初年度で100社の受講を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -