ニュース
» 2005年12月14日 14時09分 公開

日本SGI、「Macromedia Breeze」で戦略提携

日本SGIとアドビシステムズが「Macromedia Breeze」に関する戦略的提携を締結した。

[ITmedia]

 日本SGIは12月14日、アドビシステムズと「Macromedia Breeze」に関する戦略的提携を締結したことを明らかにした。同社が11月に発表したCLM(Content Lifecycle Management)ソリューションの新体系「SiliconLIVE!」の一環といえる。

 「Macromedia Breeze」は、「Macromedia Flash Player」を基盤とした双方向Webコミュニケーションプラットフォーム。今回の提携により、日本SGIはBreezeのTelephony APIの開示を受ける。これを利用して2006年春をめどにIP電話サービスで標準的に使われるSIPサーバ接続ゲートウェイを開発する予定で、IP電話を使ったWebコミュニケーションサービスなどの展開を狙う。BreezeのTelephony APIが、日本のベンダーに対して開示されるのは初めてとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -