ニュース
» 2005年12月14日 16時15分 公開

スカイウェイブ、SkyIP-PBXでNTT-MEのIP電話と接続可能に

スカイウェイブは12月14日、同社の「SkyIP-PBX」を機能拡張、ISDN対応のVoIPゲートウェイ経由でNTT-MEのIP電話サービス「XePhionコール」との接続が可能になった。

[ITmedia]

 スカイウェイブは12月14日、同社のIP-PBXサーバソフトウェア「SkyIP-PBX」の機能を拡張し、SkyIP-PBXのユーザーからエヌ・ティ・ティ エムイーの企業向けIP電話サービス「XePhionコールPro+」への接続を可能にした。

 SkyIP-PBXからXePhionコールPro+への接続には、IP電話機器インフォーエス(In4S)の販売するISDN対応VoIPゲートウェイ「e-Gateway/BRI+」を利用する。

 e-Gateway/BRI+の新機能であるSIP-Relay機能により、発信では「IP電話→IP電話」または「IP電話→PSTN(公衆電話回線網)」、受信では「IP電話→IP電話」または「PSTN→IP電話」での接続を実現した。また付加サービスとして、ダイヤルインや各種転送などをサポートする。

 VoIPゲートウェイの費用は、外線接続する内線電話1台当たり30〜50万円となる見込み。工事費が別途必要となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -