ニュース
» 2005年12月15日 15時55分 公開

ベリサインがタイムスタンプ用電子証明書を発行、e-文書法対応を支援

日本ベリサインはe-文書法対応を背景に、時刻認証局向けのタイムスタンプ用電子証明書発行サービスを開始した。

[ITmedia]

 日本ベリサインは12月15日より、時刻認証局(TSA:Time Stamping Authority)向けのタイムスタンプ用電子証明書発行サービス「TSA対応企業用電子証明書」の提供を開始した。

 2005年4月から施行されたe-文書法では、財務/税務関連のさまざまな書類について電子的な保存が認められるようになった。その原本性や真正性を確保する手段の1つが時刻認証(タイムスタンプ)だ。タイムスタンプを付与することによって、ある時点でその電子文書が確かに存在したこと、またそれ以降改ざんが加えられていないことを証明する。e-文書法を踏まえた省令の中には、タイムスタンプを義務付けるものもある。

 TSA対応企業用電子証明書は、時刻認証サービス事業者や企業向けの、TSAに特化した電子証明書だ。これにより、タイムスタンプの発行元が日本ベリサインによって認証された企業もしくは組織であることが確認できるようになる。

 TSA対応 企業用電子証明書は10年間有効で、価格は78万7500円。既にセイコープレシジョンがTSA対応企業用電子証明書を採用し、同日より「セイコーサイバータイム時刻認証サービス」の提供を開始している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -